1番街 2番街 4番街 3番街
   
会長挨拶 役員構成 アクセス
     
 
 
 

住吉神社例大祭

 
住吉神社の例祭は毎年8月第一土・日に行なわれます。 三年に一度の本祭りでは、期間も土曜日曜を含む3日間として、獅子頭の宮出し(中央区区民無形民俗文化財)や八角神輿の宮出し、神輿を船に載せて氏子地域を廻る船渡御が行なわれます。 佃島の中には6本の幟が立てられ、龍虎の獅子頭、黒駒の獅子頭(共に中央区区民有形民俗文化財)も飾られます。 (住吉神社HPより)
 
八角神輿
  住吉神社の神輿は「八角神輿」と呼ばれるとおり、八角形の神輿です。  正保9年(1838)に芝大門の万屋利兵衛により製作されました。八角の神輿は関東ではめずらしく、天皇陛下の御座 高御座を擬したと言われています。昭和37年までは海中渡御が行なわれていました。神輿は内部も漆塗りになっていて気密性が高められています。  中央区区民有形民俗文化財指定。 (住吉神社HPより)

神輿詳細
祭神: 底筒之男命 
台座:四尺二寸(127) 
建造年度:天保9年 (1839)
製作:芝大門の万屋利兵衛  
特記:屋根・胴・台座ともに八角形の大神輿
 
 
 
 
 
  東根市市政施行50年「ようこそ!果樹王国ひがしねへ」動画で見る東根!  
友好都市山形県東根市を動画でみよう
 
 
 
 
Tsukishima Nishinaka Kyoeikai All right Reserved.