1番街 2番街 4番街 3番街
   
会長挨拶 役員構成 アクセス
     
 
 
 

商店街の歴史

月島は新しい街だ。 文献によるとその誕生は明治25年(1892年)東京湾埋め立て1号地(現 月島)として佃島から先の砂州を埋め立て、続いて27年に2号地(現 勝どき)、29年に新佃島(現 佃2 ・ 3丁目)が完成した。
もう少し詳しく言えば、江戸・東京の水上交通の大動脈であった隅田川は、今から100年程前、年々堆積する土砂により、船舶の往来が困難となった。 そのため、明治20年(1887)東京府は、隅田川の浚渫を始め、その土砂で埋立造成されたのが、現在の月島である。 明治25年に月島1号地(現月島)、明治27年に月島2号地(現勝どき)、
明治29年に新佃島(現佃3丁目)が、次々に誕生した。
当時この地域は殖産興国という国策により重工業化が進み、隣接する石川島造船所に関連する鉄工所や機械工場が多く点在し、隅田川や運河の沿いには海運業や倉庫が立ち並んでいた。 それにより多くの労働者がこの地へ流入、鉄工業地帯という一方で住宅地としても人口が急増していった。
 
また他地域との往来は対岸の築地と月島の間を渡し船(月島の渡し)で行われていたため、船着場に近い月島の西側地域には必然的に人が集まり、自然と商いの場になっていった。
その中心は月島の中央道路(清澄通り)より西側の西仲通りで、明治末には露店も含めて商店街らしい形になった。これが「月島西仲通り商店街」の発祥である。
 
月島の渡し 参考:月島発展史
「月島の渡し」は、月島一号地の埋立が完成して間もない明治25年(1892)11月、土木請負業の鈴木由三郎が、南飯田町(現、明石町14)から月島(現、月島3丁目)へ、手漕ぎの船で私設の有料渡船をはじめたことに由来します。
明治34年(1901)、月島への交通の重要性を考慮した東京市が市営化を決め、翌35年(1902)、汽船曳船二隻で交互運転を開始し、渡賃も無料となりました。月島は東京の臨海工業地帯として発展し、明治44年(1911)には、乗客の増加に対応するために徹夜渡船が開始されました。 その後、昭和15年(1940)には勝鬨橋が架橋され、渡船の利用者は減少の一途をたどり、月島の渡しは廃止されることとなりました。
 
大正から昭和初期にかけて月島地区は最初の全盛期を迎える。 人口はさらに増え続け、区画整理された路地には長屋が立ち並び、商店街も一層の賑わいをみせ、街の中心的役割を果たしてきた。 現在の月島の古い町並みは太平洋戦争の戦災を免れたため、この当時の町並みが色濃く残っているためである。

またこの当時の地域で暮らす子供たちの遊び場は、商店街はもちろん、路地や空き地といった所で、めんこ、ビー玉、ベーごま、かくれんぼ、等を楽しんでいて、なかでも忘れてはならないのは「駄菓子屋」の存在だ。 「駄菓子屋」には大きな鉄板があり、遊んでお腹の減った子ども達は僅かなお小遣いで「文字焼き(もんじゃ)」を作って食べていた。
 
現在の「もんじゃ焼き」の原形といわれるこの食べ物は、小麦粉を溶いて薄く焼いたものに醤油や蜜をつけて食べていた。 「文字焼き」とは焼く時に文字や図柄を画いて楽しみながら食べていた様子から名付けられた。
 
昭和24年当時 昭和28年当時
昭和4〜5年頃  
 
 
 
 
  東根市市政施行50年「ようこそ!果樹王国ひがしねへ」動画で見る東根!  
友好都市山形県東根市を動画でみよう
 
 
 
 
Tsukishima Nishinaka Kyoeikai All right Reserved.